Enśe kyoto

ふゆ展、今年の限定jewelryは…

2018/11/21

Ense kyoto

 

すっかりと、街がクリスマスの装いになってきましたね。

キラキラした電飾とクリスマスソングが聞こえると…

 

 

わくわく、そわそわ、そしてなんだかこそばゆい気持ち。

 

何も予定が無くても、いいことが起こりそうな気がしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、ふゆ展スタート前に、ひと足早く、限定ジュエリーたちのご紹介です。

 

 

 

matsu-tane pierce

 

 

matsu-tane necklace

 

 

ashi-ato pierce

 

 

ashi-ato necklace

 

 

 

どちらも、「 ふゆのもり 」をテーマに。

 

Enseらしい「 ふゆのもり 」とは、どんな場所か……どんな空気か……

 

そんな妄想を膨らまし、イメージから生まれました。

 

 

 

 

matsu-tane は名のとおり、松ぼっくりの種をモチーフにしたもの。

 

 

ふゆのもりに落ちていた、松ぼっくりの種。

春に向けてちからを蓄え、やわらかくふくらんだ種から感じる、強い生命力。

松の花言葉の “希望” や “向上心” そんな意味も込めて。

 

 

そして、子供のころの思い出。

寒さなど気にせず、近所の公園で、夢中になって松ぼっくりを集めて遊んでいました。

 

 

種の力強さや、懐かしい思い出から、モチーフに選んだ松ぼっくりの種です。

 

 

詳細は、ふゆ展スタートの11月23日から、店頭やオンラインショップでもご覧いただけます。

 

 

 

また後日、ashi-ato についても書かせていただきます。

 

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。