PAST BLOG

「手」の jewelry ??

2016/09/27

    本日、   いきなり??が付いたタイトルから・・・失礼致します。   こちらの事です。       imgp1228  skピアス    Enseのバッグデザイナーでもある男性メンバー曰く。。。 男性2人のうち、大きい方(笑) なんでも、自分流にしてしまうのですが、 このデザインの事を呼ぶ時は、   「あの、手のデザインの・・・」 「あの、手のピアス」 「あの、手のネックレス」   そして、その語尾に、 関西弁で、「どこ行ったんや」「どうなってるんや」「どうしたんや」 など、などが付いてまいります(笑) もう、完全に「手のデザイン」という名前にしてしまっております。 もう、彼には別の名前では読んでもらえません(笑) 周りももう、それで分かります。 しかし、、 最初から正式なこちらのデザインの呼び名でも、 打ち出しているモチーフイメージでもございません。。。 彼には、そう見えるのです。 はい。 なるほど、、 モチロン、そう言われればそう見えます。 多少、、指の数は合いませんが(笑) イメージとして分かります。 すでに、馴染んでしっくりもきております。   そうなんです。 お人によって、色々感じて頂けるのが楽しみ。 それも 1つ。 このデザイン。     よくご覧頂ければ。     imgp1226           よくご覧下さいませ。。。   そう、とても不思議なんです。     「手」そうなれば、尊い「手」素敵です。 私の中では、アクセサリーデザイナーから最初に聞いた、 「草と水」の美しさを感じたところからイメージが広がったデザイン。 そこから、広がった、、 「水中の中に生きる草」であったり、 「草葉の先に雫」がついて、広がる様子などイメージしてみていました。 そして、自分の中でもう1つ、 小さく強く広がる「炎」にも見えてきました。 きっと、デザイナーの想いの 自然から感じる美しさ の 要素が、そうさせていくのでしょう。 優しくて、強くて、美しくて、、 耳元で、胸元で、指先で、、   本当に人によって、見え方が違う、感じ方が違う、デザイン。 メンバー内だけでも全く違ったりもするのですから。。。 不思議なデザインです。 でも、それが惹きつけられる魅力。。。     ちなみに、 こちらのデザイン。 今回の新たな 18K & ダイヤモンド のシリーズで、 一番初めに気になったデザインでもありました。 とにかく印象深い。。。 そして、今密かにEnse女性メンバーが1人増え、 女性メンバー全員で、 特別な時に着けたいデザイン第1位になっております(笑) 見ていても色々感じられる、 そして、 身に着けた格好良さ。。。 そんな、、 男性メンバー曰く、 「手」のデザインでございます。   皆様にはどんなイメージに見えるのでしょうか? どんな風に感じて頂けるのでしょうか? とても気になるのです。 好奇心。。。 機会があれば是非、、教えて頂きたいのです。 どうぞ、宜しくお願い致します。          ● Ense facebook   ●   ● Ense imstagram ●