Enśe kyoto

京都へ来て。

2018/08/23

Ense kyoto

Ense shopが4月に京都にオープンして早くも夏が終わろうしています。

 

 

大阪より1歩踏み出して、京都へ。

私たちがお届けする「 上質な遊び心 」 

どこかクスッと笑えたり

いい意味でかっこをつけすぎない、、、

と、いうよりも

かっこをつけれない。というのが正しくなのですが 笑

ジャンルに捉われず、しっくりと[  いい  ]  と思う感覚を大切に

それぞれの良い所を重ねあって作りあげられるEnseのアイテム達。

 

[ いい ] と思って作っていたものが、形になってみると

「・・・何かどんくさい!」と没になる事はよくある事。笑

 

そんな試行錯誤の中で完成したアイテム達を

何かで知っていただいて、気に入って永くお使い頂ければ、、、

そのアイテム1つで、どんな場面・時間は様々だとおもいますが、

プラスの心地を少しでも感じていただけたら!

 

そんなお届けを、大阪京町堀からだけでなく

今年からはありがたいことに

京都三条からもお届けできるようになったこと、

そして大阪とは少し違った楽しみも京都では発信できたら!と。

 

 

 

 

 

京都のこの町で、

今年は初めて迎える事ばかり私たち。

「  京都は暑くて寒い  」と聞いていたので

実際夏が来て「  京都暑すぎる!  」と思っていましたが、

京都の方にとっても今年の夏はとっても暑い事。

 

地元の方や京都が好きのお客様、京都にお勤めで、、と

お話をお伺いする事が多く、新しい出会いや発見の多い毎日です。

 

京町堀にご来店下さっているお客様も

遠方からの初めてのお客様も、

京都の方が近いので、、や

京都にこられたタイミングで、、と見つけてお立寄りいただく事もあり

本当に嬉しく、、あたたかい気持ちが溢れてきます。

( お会い出来たときは、お恥ずかしくも声のトーンが少し上がってしまっているようです。笑 )

 

 

バッグやジュエリーたち。

先日、少し?ご紹介させていただいたご縁のあるブランドさん。

直接モノ作りに関わる方やお使いいただいているお客様

関わる方皆さまを含めて  「 一緒に 」という思いのこもった 「  Ense 」という名前。

 

 

京都のこの土地で、

オープン当初よりはお店も少しは町に馴染んできたでしょうか?

「 Ense 」を楽しんで、少し、どこか、豊かな気持ちになっていただける発信を。。

「 ちょっと寄りたい。。」 そんな場所にして行きたい。

「小さな心のオアシス」というと、、大げさなのか

何だか表現が古いような、くさいセリフのような感は否めませんが、、

どこか、そんな場所であれば嬉しいなと思います。

 

夏の終わり、

少ししっくりと、相変わらずまとまりのない言葉たちですが

そんな思いを突然綴ってしまい

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございます!

 

そんな言葉足らずな私が、メンバーとおります京都店、

これからも、これからを、楽しみに頂ける様に!と

そわそわと、、少しづつではありますが

ブログやインスタグラムなどで、京都の様子お伝えして行きます〇

 

 

それでは本日はこの辺で失礼いたします。

 

 

 

 

●  Ense Online Shop  ●

●  Ense jewelry  ●