Enśe kyoto

想いを形に

2018/08/24

Ense kyoto

 

2013年の夏、Ense jewelryがスタートしてから、6年目の夏となりました。

 

 

元はバッグの作り手であったジュエリーデザイナーが、レザーアクセサリーをデザインしたことをきっかけに、それは生まれました。

 

 

 

 

 

 

現在は、k18素材とダイヤモンドを中心としたジュエリーと、セミオーダー制のマリッジリングを主軸に、「身に着ける人の日常に寄り添うジュエリー」を発信し続けています。

 

 

そして2018年、新たにジュエリーデザイナーのメンバーとして、私も加わらせていただくことになりました。

 

 

最初は、Ense jewelryとして発表できるような、みなさまに受け入れていただけるようなものが自分にはデザインできるのか、少し不安があったり・・・

 

しかしその不安な気持ちと同じくらいにあるのが、楽しくて仕方ない好奇心と挑戦です。

 

デザインを手に取っていただけた時は、心から嬉しく、自分が美しいと思えるものを信じて良かったと思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

自由に、そして簡単にオリジナルデザインを作っていただけるマリッジリング。

緊張した面持ちのカップル様や、以前からEnseをご存知いただいている顔なじみのご夫婦様、いろいろな方がマリッジリングを作りに来てくださいます。

 

世界にひとつだけの特別な指輪を作ってほしい!と、できるだけたくさんのデザインベースを作りました。

みなさま「決められない・・・笑」と悩みながらも、お2人で楽しそうにされているのを見ると、胸がほかほかといたします。

 

 

 

最初は、僕はシンプルでいいよーと仰っていた旦那様が、だんだんとデザインに興味を持っていただけて、最終的には個性豊かな、お2人らしいデザインが完成したり・・・

 

 

旦那様と奥様でお好みのデザインが違った時には、「じゃあ君が好きなほうにしよう」「ううん、一緒に気に入ったのがいいから、もう一度考えようよ」と、お互いに譲りあったりと。

 

 

 

 

 

 

 

こうして出来上がったデザイン達は、私たちにとっても、どれも思い出深く。

これはあのご夫婦のデザイン、これはあの方たちの・・・と指輪を見ながら思い出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの幸せの節目に関われる、このようなお仕事が私の職であること、とても誇りに思います。